キャンパスニュース|秋葉原ITキャンパス|クラーク記念国際高等学校

秋葉原ITキャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2203件中 1件〜7件目)

【告知】7月28日(土)『OPEN CAMPUS』を実施します! 18.07.20

7月28日(土)10:00~13:00に『OPEN CAMPUS』を実施します!

当日はゲーム・プログラミング専攻、AI・ロボット専攻、コミック・イラスト専攻、声優・放送専攻の4専攻の中から選んで体験授業を受けることができます。

声優・放送専攻の体験授業には声優の関智一さんと卒業生比嘉良介さんが特別ゲストでいらっしゃいます。関さんはアニメ「ドラえもん」の骨川スネ夫役、ゲーム「テイルズ オブ デステニー」のスタン・エルロン役などで活躍されています。比嘉さんは、当校秋葉原ITキャンパスの卒業生で、アニメ「とんかつDJアゲ太郎」の他、「コトダマン」「Collar x Malice」など様々なジャンルで活躍中の声優さんです。

秋葉原ITキャンパスの人気の4専攻の体験授業を受けることができる貴重な機会。ぜひこのオープンキャンパスにご参加ください。

【ゲーム・プログラミング専攻】言語無制限のオンラインプログラミング教材を利用できます。 18.07.19

ゲームプログラミング専攻の1年生は、基礎的なコンピュータ言語の取得を専攻や他の授業を通して学びます。

そして、クラーク秋葉原では、オンラインでプログラムを学べるサイトを無制限に利用できます。

先日は1年生がこのシステムを利用してJavaを学びました。
説明を聞きながら、四苦八苦しつつも、友達と協力し授業を受けていました。

簡単にゲームを作れるツールもありますが、ツールには限界もあります。プログラミングの言語そのものを学ぶことで、より自分の作りたいゲームが作れるようになります。

-----------------------------
使い放題のオンラインプログラミング教材を利用して、複数の言語を習得したい中学生はまずは資料請求!!!
そして、学校説明会やトライアル授業、オープンキャンパスに参加しよう!

予約申し込みはWEBから!!!
-----------------------------

クラーク秋葉原だからこそ、使い放題のオンラインシステム!

【声優・放送専攻】芸術祭の準備が始まりました! 18.07.19

秋葉原ITキャンパスでは1年間の成果発表として、12月に芸術祭を予定しています。これは全国のクリエイティブコースがあるキャンパスから生徒が集まり、そこでそれぞれの発表や展示をするもので、1年間の自分の成長を見つめる大事な機会でもあると同時に、他キャンパスの生徒の発表を見て、刺激を受け、更なる成長を促す機会でもあります。

さて、秋葉原ITキャンパスの声優・放送専攻の発表は朗読劇と舞台発表です。今回は朗読劇の練習風景をご紹介します。

朗読劇の練習場所は、ソフマップ劇場です。舞台あり、音響・照明機材ありと、本番を見据えた稽古として充分すぎる贅沢な環境です。
見てくださる先生は当然プロの声優で、またプロの舞台の演出などもされている先生ですので、厳しくも丁寧な指導が受けられます。
この日は実際に音響も入れての通しをしていました。
演者も裏方も、全員が真剣な顔をして舞台を見つめているのが印象的でした。

日頃の練習ももちろん大事です。基礎を怠っては上達しません。しかし、発表の場というものは、その日頃の努力を発揮する場として、同じように大事なものだと考えています。
今回の配役決めで、希望通りにいかなかった生徒もいます。たくさんの希望者の中から役を勝ち取った生徒もいます。立ち位置はそれぞれですが、思いはひとつに、芸術祭に向けて頑張って欲しいです。

ソフマップ劇場で舞台練習スタート!

音響や照明スタッフだって実戦練習ができちゃう!

【マンガ・イラスト専攻】ライブドローイングイベントのための検証会に参加しました! 18.07.19

来月開催される『ライブドローイングイベント』(予め決められたお題に対するイラストを時間内に観客の前で描くイベント。ネットで配信されたりもします。)を円滑に行うための検証会にマンガ・イラスト専攻の生徒4人が参加しました。

会場で初めて会う専門学校の学生さんとコンビを組み、『夏』というテーマで1時間でイラストを仕上げていきます。

今回は、クラークの生徒が先行して下絵〜線画を描き、後行で専門学校の学生さんが色塗りをして仕上げていくルールのもとで行われました。

大画面の液タブや初めて会う人とのコミュニケーションに苦戦しながらも、普段の授業の成果が出せ、描くことを楽しんでいました。

マンガ・イラスト専攻の生徒は、本当に描くことが好きでたまらないんだな〜というのがひしひしと伝わってくる会でした。

【ロボット専攻】大会に向けて準備が着々と進んでいます 18.07.19

ロボット専攻では、WRO Japanや宇宙エレベーターロボット競技会、ロボカップJr.など、数多くの大会に向けて日々機体製作やプログラミングに取り組んでいます。1年を通して様々な大会に出場しますが、今回は今年度から開催される「WRO Football 2018」について紹介します。

 毎年WRO Japan大会では、ミドル部門、エキスパート部門に参加をしておりますが、今年は「フットボール」にも挑戦します。初めての参加なので、ルールブックを片手に、日々腕を磨いています。まだまだ動作や機体製作など、修正をしなければならない箇所がありますが、毎日実践を重ねてより良いものを作り出しています。

 今年は3年生の2名が出場をします。進路も並行して進めなければなりませんが、これからのためにも自分の自信になれるよう、また、より高い順位を目指して頑張ってもらいたいです。

【いじめ防止】クラーク秋葉原では「いじめ防止」に全力で取り組んでいます 18.07.18

クラーク記念国際高等学校では「いじめ防止対策推進法」施行前から「未然防止・早期発見」に向けて、基本方針を定め最大限の努力をしています。
全教職員が「学習心理支援カウンセラー」の資格を取得しているだけでなく、在校生・保護者の方々への定期的なアンケートなどを通して全教職員で「未然防止・早期発見」に向けて全力で取り組んでいます。

【学校生活】全教員がカウンセリングの資格を取得!学校生活も安心! 18.07.18

クラーク高校の教職員は、全員年間70時間もの研修を受け、内閣府認定公益法人こども教育支援財団が認定する「学習心理カウンセラー」の資格を取得しています。この資格は、心理学やカウンセリングの知識・技法を含め、日常の学習活動など、教育の場で実際に活用できる多様な能力の育成を目指しています。

また、クラーク高校ではこども教育財団が運営する「東京大志学園」と連携し、教職員だけではなく、専門家・専門機関と共に生徒の心理状態をいち早く察し、充実した高校生活を過ごせるように務めています。

(2203件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。