キャンパスニュース|横浜キャンパス|クラーク記念国際高等学校

横浜キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(2060件中 1件〜7件目)

【学校生活】クラークなら、通信制高校の仕組みを利用して、自分の「今」に合った通学スタイルが選べます! 19.06.19

クラーク高校なら、通信制高校の特徴を利用して自分の「今」に合ったスタイルを選んで通学することができます。選べるスタイルは大きく分けて2つ。制服を着て週5日通う「全日型」と、自分で通学日数を決め出席する授業を選ぶ「通信型」。将来のために色々な経験をしてみたい、学校生活を満喫したいという人には「全日型」、外部でのスポーツ活動など、自分の目標がしっかりあるなら「通信型」がおすすめです。「全日型」「通信型」共に、条件をクリアすることでそれぞれのスタイルへの移動が可能です。自分の「今」に合った選択が可能なのはクラーク高校ならではの特徴です。

【総合進学専攻】1年次からのキャリア学習で自分の適性を見極める!総合進学専攻! 19.06.18

【学びのポイント】
①万全なAO・推薦入試対策・・・小論文やプレゼンテーションの授業で書く力、話す力を養います。
②資格・検定取得対策が充実・・・漢検・英検・数検はもちろん、商業系や情報系の資格取得を行います。

総合進学専攻は、将来の夢を見つけるために1年次からキャリア教育を行っています。その中で、自分の興味、能力、適性を見極めて他の専攻へ移行することも可能です。また、進学に向けた小論文やプレゼンテーションの授業を1年次から行います。

【進路実績】
早稲田大学 明治学院大学 武蔵大学 日本大学 駒澤大学 共立女子大学 産業能率大学 関東学院大学 相模女子大学 横浜商科大学 など

【軟式野球部】神奈川県定通制高校野球大会決勝で延長戦の末、見事優勝を飾ることが出来ました! 19.06.17

6月16日(日)神奈川県相模原市のサーティーフォー相模原球場にて、神奈川県定通制高校野球大会決勝が行われました。
炎天下の中、神奈川県代表を賭けて川崎市立橘高校と約4時間にもなる激闘を繰り広げました。
前半戦、クラーク高校が大きくリードをし、中盤までは各回相手の攻撃を0点で抑えることが出来ました。
終盤戦に入り、徐々に橘高校の打線が続き、同点にまで追い込まれては取り返し、また取られては取り返してとお互い一歩も譲らない展開となりました。
最終的には延長12回にまで及び、12-11で見事優勝を飾ることが出来ました。
選手一人ひとりが自身の武器を発揮し、チーム全体で勝つことが出来た試合でした。
8月の全国大会でもチーム全体で勝てるよう日々の練習を一生懸命行っていきますので、応援の方よろしくお願い致します。

【お知らせ】通信制高等学校評価研究会から、クラークの教育活動及び施設・設備が評価基準に適合していると認定されました。 19.06.16

クラーク記念国際高等学校は、通信制高等学校評価研究会の認証評価(試行)を受け、教育活動及び施設・設備が評価基準に適合していると認定されました。

学校教育の学び方や学校生活の在り方の多様化が進んでいる中で、通信制高校の就学人口は増加傾向にあります。様々なスタイルの通信制高等学校が設立されている一方で、大学や専門学校のような評価組織がないのが現状です。

通信制高等学校評価研究会は、その現状を鑑みて広域通信制高等学校全体の教育の質の向上を目指して設立されました。文部科学省の「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン」を基にして、三者評価組織の構築に取り組む団体です。
クラークは、この通信制高等学校評価研究会の認定第一号となりました。

【お知らせ】 横浜キャンパスの学校案内が完成しました!~誰もが持っている才能を大きく伸ばし、夢実現へと導きます!~ 19.06.15

2020年度入学用のクラーク記念国際高等学校 横浜キャンパスのパンフレットが完成いたしました。
横浜キャンパスの多彩なコースの特色溢れるページやクラーク独自の教育によって成長し自信をつけた生徒の声、そして進路情報などが満載です。
こちらのパンフレットに関する資料請求や横浜キャンパスの学校説明会への参加申し込みはホームページから行うことができます。ご希望の方はホームページ、もしくはお電話にてお問い合わせください。

資料請求は下記URLから簡単にできます。
https://www.clark.ed.jp/clark/contact/order.php?type=form&campus=yokohama

【グローバルスポーツ専攻】タグラグビーとプログラミングを掛け合わせた新しい学びの場を経験」 19.06.14

近年注目されているSTEAM(科学・技術・工学・芸術・数学)の要素を取り入れ、タグラグビーで直面する問題解決や戦略策定に役立てて行きます。

初回は、実際にタグラグビーを実施。ラグビー特有の前に投げてはいけないというルールに苦戦し、上手くトライすることができませんでした。

第二、三回は、座学形式で前回の「上手くトライができない」という問題を、1対1や2対2に分解し、数学を使って分析したり、チーム戦略プログラミングを使って考案したりしました。最後は5対5の試合形式をプログラミングしました。

感覚でスポーツをするのではなく、自分のプレーを言語化し、課題を分析し解決していく。
この思考力を身に付けることで、プレーの質を向上することができる。

来週は、上手くトライできなかったタグラグビーに再チャレンジ!
どんなプレーが見れるのか楽しみです。

またここで身に付けた課題解決能力は、他に応用できます。勉強の方法や日常生活に問題の解決。
グローバルスポーツ専攻では、スポーツの教育ではなく、スポーツを通して人として成長することを目標としています。

<講師陣の紹介>
・明治学院大学ラグビー部ヘッドコーチ石川安彦氏
・東北大学の田中香津生氏
・国際数学オリンピック金メダリストの中島さち子氏

【インターナショナルコース】 Speech Contest finalist! 英語スピーチコンテストのファイナリストに選ばれました! 19.06.13

Miss Sara Ando, a first year student in the International Course has been selected as a finalist for the 10th IPUNZ & IPU HS English speech contest A category. She will go to the IPU Campus in Okayama on June 23rd.
She worked very hard on her speech and has really improved. Good going Sara.
If you work hard, you might be successful as well. So, always try to do your best in everything you do and be successful.

インターナショナルコース(インターナショナル専攻)1年生の安藤紗楽さんが第10回IPU NewZealamd・IPU杯高校生英語スピーチコンテストの予選を通過しファイナリストに選ばれました。決勝は今月23日に岡山の環太平洋大学で行われます。安藤さんは一生懸命練習をし、練習を重ねる度にみるみる進歩が見えました。皆さんも一生懸命に取り組めば安藤さんのように成功を掴めるかもしれません。何事もベストを尽くしていきましょう!

(2060件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。