キャンパスニュース|横浜キャンパス|クラーク記念国際高等学校

横浜キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(1967件中 8件〜14件目)

【インターアクト部】Non-Borderボッチャ交流会に参加してきました。 19.02.12

インターアクトクラブでは、地元でのボランティア活動や海外の方との交流を通じて視野を広げ、国際感覚を養っています。

今回私たちはSport for Tomorrow認定事業として実施したこのNon-Borderボッチャ交流会にインターアクト部2年生7人が参加しました。
子どもから大人まで、ネパール出身者や南スーダン出身者、ナイジェリアのスポーツ省局長も、障がいのあるなしや、ボッチャ経験、スポーツの得意不得意も越えて、約130名の方による熱い試合が繰り広げられました。

ボッチャは白いボールに赤、青ボールをお互いに近づける一見簡単そうなスポーツですが、どこに置くのか、どのくらいの強さで投げるのか。1球1球に仲間たちと考えながら投げているシーンがとても印象的でした。
第一部はチーム対抗戦で青山先生と飯塚先生がそれぞれ生徒たちとチームを組んで戦い。リーグ戦2位と3位で終えることができました。
第二部は参加者全員がランダムのチームになり、様々な人との交流が行われました。

「スポーツはみんなを”1つ”にする」を体感する機会となりました。

今後もインターアクト部では様々な活動に取り組んでいきたいと思います。

ネパールから始球式!!

どちらが近いかな!?

スポーツの輪!!

【総合進学専攻】外部講師による授業〜挑戦をすることの大切さを改めて感じることができた授業!!〜 19.02.11

総合進学専攻では、現役で仕事をされている方からの授業をうけることができます。
今回は、会社を経営するとともに保育園も経営している方をお招きしました。先生は、スキー選手として活動した後、世界中を放浪して様々なことを体験してきました。その経験を活かすために、中高の教員もされていました。さらに、もう一度世界中を旅した後、辿り着いたのが現在の仕事です。それらの経験を通して感じた、これからの世の中で生きていくために必要なことを、熱く語って頂きました。その中でも生徒達は、興味のあることを本気でやれば、たとえ成果が出なくても、成長に繋がるというお話に、熱心に耳を傾けていました。そして、改めて挑戦をすることの大切さに気づかされていました。
最後に、先生から日本に生きる価値、みんなや仕事にも価値があることを教えて頂き、力強く人生を歩んでいける勇気をもらっていました。

外部講師による熱血授業!!

【健康スポーツ専攻】専攻授業でコーチング体験! 19.02.10

健康スポーツ専攻では「コーチング」や「ティーチング」についての学びも深めています。

本日の授業では「先生」役と「生徒」役に分かれ「バランス能力」「空間認知能力」「リズム感」
の3つの能力を育てる授業をそれぞれグループに分かれて行いました!

対象を「小学3~4年生」に設定し、「これだと簡単すぎかな」「これじゃ難しいかな」
と試行錯誤しながら授業作りを行っていました!

写真は空間認知を育てる授業で行ったボールをコーンに当てるゲームです。
最初は簡単な距離から、クリアすると距離が遠くなるという工夫を加えていました!
主体的に取り組む姿勢をこれからも大事にしていきましょう!

意外と難しいですね・・・・

【お知らせ】朝日新聞出版よりAERAムック「クラーク記念国際高等学校 by AERA」が全国書店で発売中! 19.02.09

当校では1992年の開校から今日まで、多種多様で柔軟な、生徒一人ひとりに合わせた教育を行い、多方面からその教育内容にご注目をいただいています。その教育が朝日新聞出版の目に留まり、開校25周年を迎える節目の2017年、本ムックの出版に関する打診がありました。そして1年以上に渡る取材の末、ついに発売となりました!
 
本ムックは通常、大学ムックシリーズとして発刊され、これまで東京大学や京都大学をはじめ、早稲田大学、明治大学、青山学院大学など多くの大学を取り上げて発行しています。そして今回クラークでの発刊は、国内の高校としては初めての試みとなりました。
 
本ムックでは、1992年に「全日型通信制」という新たな仕組みを開発した当校にしかない、当校にしかできない教育がふんだんに紹介されています。「夢・挑戦・達成」の行動指針の元、数多くの個性あるコース、学力向上し難関大学へ進学する生徒、海外へ飛び出して自分自身を見つける生徒など、生徒一人ひとりが大きく成長していく、そのストーリーを感じてもらえるムックとなりました。
 
ぜひとも全国の書店等でお買い上げいただき、クラークの教育力を感じてください!
 
▼クラーク記念国際高等学校 by AERA販売ページ(Amazon)
http://amzn.asia/6VyFyFb

【インターナショナル専攻】東京グローバルゲートウェイ(TGG)に訪問しました 19.02.08

インターナショナル専攻・模擬国連ゼミの生徒が東京グローバルゲートウェイ(TGG)に訪問しました。
東京グローバルゲートウェイは今年9月に新しくできた施設で、英語を使って様々な活動をすることができます。今回の訪問では、薬局・ハンバーガーショップ・旅行代理店のセットで海外体験をした後、英語で物理の実験を行いました。使う言語はもちろん、All English! 見知らぬネイティブスタッフの会話にはじめは戸惑う姿も見られましたが、最後にはハグをして別れを惜しんでいました。
インターナショナル専攻では、学校内のみならず、学校外にも積極的に訪問し、英語を使う場を広げています。みなさんも英語で自分の視野を広げてみませんか?

薬局のセットで薬を購入します

ハンバーガーショップにて、トッピングの希望を伝えます。

集合写真!また来ようね!

【卓球部】神奈川県高体連優秀選手表彰式  19.02.07

2月6日(水),横浜市西公会堂にて神奈川県高等学校体育連盟による優秀選手表彰式が執り行われ,卓球部が夏の定通制全国大会個人戦優勝,団体戦準優勝の実績により参加してきました。
これは県内の全ての体育系の部活動において全国大会優勝,準優勝,関東大会優勝などの優れた実績を残した選手たちが対象となるものです。
横浜キャンパス卓球部の選手たちも賞状と記念盾を授与され,誇らしげでした。
次年度も表彰されるよう日々の練習に精進いたします。

会場にて記念撮影

賞状と盾を持って

【グローバルサイエンス専攻】表現力を最大限引き延ばす、専攻別授業「プレゼンテーション」 19.02.07

グローバルサイエンス専攻の専攻別授業の中に、「プレゼンテーション」という授業があります。
理系大学に進学すると、問題の解答を人前で解説したり、実験結果を発表したりするような場面が多くありますが、多くの高校では、発表の場というのが少なく、経験が浅い中で進学し、大学に入ってから戸惑ってしまう生徒が多いように感じます。

グローバルサイエンス専攻では、そんな課題を解決しようと、複数の企業と提携し、表現力を身に付けていく授業を展開しています。
その中でも「プレゼンテーション」の授業では、「学研プラス」や「レベルエンター」さんと提携し、プログラミング学習を通して、表現力を伸ばしていきます。

今回の授業のテーマは、「相手に理解してもらうために、どのような方法を用いれば良いか」でした。
マインドマップを用いて、グループで話し合い、たくさんのアイディア・意見を出し合っていました。

(1967件中 8件〜14件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。