キャンパスニュース|北の大地 元気の泉キャンパス|クラーク記念国際高等学校

北の大地 元気の泉キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(428件中 1件〜7件目)

冬季北海道体験学習がスタートします 18.12.11

いよいよ明後日13日(木)より、冬季北海道体験学習が始まります。
最初に元気の泉キャンパスを訪れるのは、さいたま・所沢キャンパスです。
先日まで降雪量が極端に少なく、スキーを行うことができるのかと不安でしたが、
ここ数日の降雪により、何とかスキーを行うことができそうです。
北海道の厳しい冬を肌で感じながら、銀世界を堪能してもらいたいです。
元気の泉キャンパス職員一同、来道される生徒方、先生方にお会いできることを楽しみにしております。

スキー実習の様子です。

クラーク本校を見学します。

三浦鍋をみんなで囲みます。

【冬季北海道体験学習】全国のクラーク生がスキー学習を行いに来ます。 18.12.03

クラーク記念国際高校では冬に元気の泉キャンパスへ
スキー学習を行いに来ます。

雪の多い北海道でスキーを行い、
技術の向上だけではなく、みんなで協力し、激まし合いながら
達成感を味わう体験学習です。

スキーを通して、社会で必要な協調性などを身につけてもらえたら嬉しいです。

クラーク本校 元気の泉サポートゼミ~味噌作り~ 18.11.30

本日、クラーク本校元気の泉サポートゼミの活動がありました。
これまで様々な活動をしてきましたが、今回の活動は味噌作りです。
元気の泉キャンパスでも味噌作りを行っていますが、ゼミ生にも味噌作りを体験してもらいました。
説明をしっかりと聞き、自主的に作業していました。
一年ほど寝かせて完成となります。味噌の完成が今から待ちきれない様子でした。
明日から12月となり、本格的な寒さがやってきます。
皆様、体調には十分に気を付けてください。

工程の説明を受けます。

役割分担をし、作業していきます。

樽に入れ、一年ほど寝かせて完成です。

冬季北海道体験学習の準備~スキー板のワックスがけについて・後半~ 18.11.28

本日、スキー板のワックスがけが終わりました。
一週間ほどかかりましたが、既存のスキー板にはすべてワックスを塗りました。
さて、先日の記事でワックスがけの手順について書きましたが、今回は前の記事に掲載した作業の続きを紹介します。
スキー板の汚れを落としたら、アイロンでワックスを溶かしながら塗って行きます。元気の泉キャンパスで使用するワックスは、市販のスプレー式のワックスではなく、固形のロウをアイロンで溶かして塗っていきます。昔は、ロウソクをスキー板に直接塗っていたそうです。溶かしたロウをアイロンで伸ばし、専用のペーパーを使って再度伸ばしながら塗りこんでいきます。全体にワックスがいきわたったら一度乾燥させます。
乾燥させた後は、プラスチック製の板を使い、余分なワックスを剥がしていきます。その後はブラッシングをして、最後にワックスをふき取ります。これでワックスがけの全工程が終わりになります。
根気のいる作業ではありますが、生徒方が快適にスキー実習を進めていくことができるように、丁寧に作業しています。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

アイロンでロウを伸ばしながら塗りこんでいきます。

乾燥させた後、余分なワックスを削ります。

丁寧にブラッシングしていきます。

味噌作り 18.11.28

本日より、元気の泉キャンパスにて味噌作りが始まりました。
先日の記事で紹介した、元気の泉キャンパスで収穫した大豆と米麹を使って味噌を作っていきます。
作り方は一部非公開の部分もありますため、今後の記事にしていきながら紹介いたします。
一年ほど熟成させることで、コクと旨味が深くなっていきます。
元気の泉キャンパス職員一同、自家製味噌の完成を楽しみにしています。

米麹の塊を解していきます。

煮た大豆と米麹を混ぜ潰し、それに塩をまぶして混ぜていきます。

何層にも分けて、昆布を置いていくのがミソです。

冬季北海道体験学習の準備~スキー板のワックスがけについて~ 18.11.26

元気の泉キャンパスでは、冬季北海道体験学習に向けた準備が着々と進んでいます。
先週から始まったスキー板のワックスがけも、終盤に差し掛かっています。
冬季北海道体験学習で訪れる生徒が、安全にスキー実習を行うことができるように、一本一本丁寧にワックスがけをしています。
今回はワックスがけの手順を一部紹介します。
まずはスキーのエッジを研ぎます。使用による摩耗や劣化よって、錆や傷が生じるのですが、砥石を使ってエッジを綺麗にします。エッジに傷などがあると、怪我などの原因の一つとなりえるため、丁寧に研いでいきます。
次に行うのが、専用のリムーバー(汚れ落とし)でスキー板全体を磨いていきます。エッジを研いだ際に出た錆や埃などを落とします。ワックスを塗っていく際に、ゴミや埃が残っていると、均等にワックスが伸びず、きれいにワックスをかけることができません。スキー板の滑りにも影響があるため、慎重に作業を進めていきます。
これらの作業が終わったら、いよいよワックスを塗っていきます。
今回紹介した作業以降は、また後日の記事で紹介します。

エッジを研いでいきます。

リムーバーを散布します。

表も裏も綺麗に拭いていきます。

【加工食品】夢農場で収穫した野菜を使い、加工食品を作っています。 18.11.22

元気の泉キャンパスには、「夢農場」という3町4反5畝(33,660平方メートル)の
広さの農場があります。
この広い農場で32種類38品目の野菜を作っていて、収穫した野菜を使い、
加工食品を作っています。

ジャガイモを使ったポテトチップスやトマトなどの野菜が入ったミネストローネ、
トウモロコシ、カレー、トマトジュース、大豆から作った味噌や豆腐など
たくさんの食品を作っています。

どれもとても美味しく出来上がっています。

ポテトチップス

トマトジュース

レトルトカレー

(428件中 1件〜7件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。