キャンパスニュース|豊田キャンパス|クラーク記念国際高等学校

豊田キャンパス

キャンパスニュース

  • ニュース
  • 入試関連情報
  • 在校生・保護者の皆様
  • ブログ
(725件中 8件〜14件目)

北海道研修初日〜寒波に負けず、真冬の北の大地 北海道へ〜 19.02.12

 クラーク高校では、1・2年生を対象に北海道本校の施設である「北の大地 元気の泉キャンパス」での宿泊研修を毎年、夏期・冬期交互に行っています。
冬はスキー・スノーボード三昧、夏は農業体験やラフティングなどの自然体験を中心とした研修となっており、自然の中で仲間たちと様々な経験を重ねていきます。

そして、本日1日目の様子を生徒が報告してくれましたのでご紹介いたします。
-------------------------------------------------------------------------------------------
1日目はほとんど移動でした。
1年振りに乗る飛行機はなんだか少し楽しかったです。

愛知は晴れていましたが、新千歳空港に着いた瞬間に雪が降り出し、辺り一面雪景色でした。

そこからバスに約3時間乗って、宿泊地である元気の泉キャンパスに到着しました。

到着すると「北の国から」のBGMが流れており、流石冬の北海道だなと感じました。

開始式を終えて夜ご飯になりました。
夜ご飯のメニューはカレーでした。いい感じの辛さで美味しかったです。

ご飯を食べたあと、スキーウェアとスキー用具を借りに第2体育館に行きました。
とっても寒いと聞いていましたが、思ったよりは寒くなかったです。

明日からのスキー実習がとても楽しみです。

(中根)
-------------------------------------------------------------------------------------------

平成31年4月 豊田・名古屋のキャンパス統合が決定 19.02.01

この度、クラーク記念国際高等学校豊田キャンパスは平成31年4月より、名古屋キャンパス(専修学校クラーク高等学院名古屋校)と統合する運びとなりました。そのため、現豊田キャンパス校舎は平成31年3月をもって閉鎖し、統合した新しいキャンパスへと生まれ変わり、その学舎を名古屋へと移します。
 教育スタイルが日々変容する中、2つのキャンパスが手を組むことで、次世代の人材育成に合わせ生徒達へのより良い学習環境を継続的にな提供していくことが可能となります。
 これに伴い、平成30年度新入学生以降の資料請求等お問い合わせ窓口を、名古屋キャンパスに統一させていただいておりますので、ご了承くださいますようお願い致します。
なお、豊田キャンパスへの転・編入学生につきましては、募集を停止しておりますので合わせてご案内申し上げます。

【合格速報】クラーク豊田サクラ咲く! 19.01.31

この度Tさんが、金城学院大学人間科学部多元心理学科に合格しました!

Tさんは心理学を学びたいと、この大学を第1志望に決めました。

元々の趣味や音楽ゼミ等を通して音楽に強い興味関心を持ち、合唱祭ではクラス合唱の伴奏を務めたり、ギターの腕前を人前で発表したりと持ち前の力を発揮してきました。

その経験から、大学では音楽療法も学んでいきたいそうです。

受験期間中は自らいろいろなことを調べ、行動し、学校だけでなく家庭での勉強も積極的に取り組みました。

大学で心理学を勉強して更に力を伸ばし、音楽の分野でも活躍してほしいと思います!

【行事】最後の寺院実習 19.01.30

今年度最後の、そして豊田キャンパスとして最後の寺院実習で、高月院に行ってきました。

恒例の掃除と座禅、そして写経を行い、和尚さんからの法話をお聞きました。

今回の、お話のテーマは2つ。

1つは「世間のモノサシ」。

考え方や物事を判断する「モノサシ」は人それぞれ違います。
自分が何かを考えたり物事を判断したりするとき、「自分のモノサシ」を持つことは大切なこと。
「他人のモノサシ(=世間のモノサシ)」ばかり気にしていると、自分が疲れてしまうからです。

しかし、全く「世間のモノサシ」に従わないと、それも自分を苦しい状況に追い込んでしまいます。

だから、「世間のモノサシ」にも適度に合わせることが必要だということです。


2つ目は「ペットは仏になれるのか」という話。

人間と犬を比べてみると、人間の方が、欲が多く、そして苦しみも多い。

そこから発展して、「人間」と「犬」ではどちらが幸せか、ディベートを行いました。

「人間は、言葉が話せる。おいしいものを食べられる。自分のことは自分で決められる・・・」

「犬は、勉強をしなくてもいい。働かなくてもご飯が食べられる。悩みが少ない・・・確かに人間は言葉を話せるけど、そのせいで傷つく人がたくさんいる。」 etc…

白熱した討論会となりました。

さて、ペットは仏になれるのでしょうか。
気になった方は、ぜひ高月院を訪ねてみてください。


今回は少人数だったこともあり、一人ひとりが和尚さんとゆっくりお話しする機会が取れ、とても充実した研修になりました。

※開校から8年間、豊田キャンパスの特別講師として、和尚さんには、これまでの全ての生徒と関わっていただき、様々なことを教えていただきました。本当にありがとうございました。感謝

全国のクラーク生を対象に開催された音楽コンテスト「クラーク音楽甲子園」の結果を発表します! 19.01.29

全国のクラーク生を対象に開催された音楽コンテスト「クラーク音楽甲子園」(主催:地歴・公民科等部会)の結果を発表します!

「クラーク音楽甲子園」は、授業・ゼミ・部活など、生徒が普段行っている音楽活動を支援し、全国規模の発表の場を提供することを目的に企画されたコンテストで、毎年実施されています。各キャンパスの音楽活動を部門別にビデオ撮影し、ブラッシュアップ(クラウド上で使用できるレビューツール)で動画を共有・審査を行いました。

以下の入賞作品は、キャンパスで表彰され、クラークWebキャンパス(ブラウザ学習システム)のStudy+にアップされる予定です。入賞者のみなさん、おめでとうございます!

全部門 総合優勝
 ・仙台キャンパス「選抜合唱団」

合唱部門A(20名以上)
 ・最優秀賞 仙台キャンパス「選抜合唱団」
 ・優秀賞 豊田キャンパス「全校生徒」
 ・優良賞 大阪梅田キャンパス「1学年」

合唱部門B(20名未満)
 ・審査員特別賞 豊田キャンパス「音楽ゼミ」

器楽部門
 ・最優秀賞 さいたまキャンパス「軽音楽部」
 ・優秀賞 さいたまキャンパス「吹奏楽部」
 ・優良賞 広島キャンパス「軽音楽部」

ダンス部門
 ・最優秀賞 姫路キャンパス「よさこいチーム百花繚乱」
 ・優秀賞 さいたまキャンパス「ダンス部」
 ・優良賞 厚木キャンパス「ダンス部」

三浦雄一郎校長がアコンカグアへの挑戦から無事帰国し、首都圏から集まった約50名の生徒に出迎えられました! 19.01.26

本日2019年1月26日、三浦雄一郎校長がアコンカグアへの挑戦から無事帰国し、首都圏から集まった約50名の生徒に出迎えられました!

三浦雄一郎校長は、「残念ながらアコンカグアの頂上まで行くことはできませんでした。しかし、6000メートルまで行くことができましたし、4人の遠征メンバーがアコンカグア登頂を達成してくれました。今後もまだまだ行けるという自信もあります。この経験のおかげで、我々のモットーである「夢、挑戦、達成」の次の夢に向かうきっかけができました」と語りました。

最後は、千葉キャンパス2年生の山崎さんが生徒代表として花束を贈呈、最後は生徒一人ひとりと固い握手を交わしました。

アコンカグア挑戦のこれまでの記録は下記の特設サイト、または公式Twitterをご覧ください。

▼三浦雄一郎校長 アコンカグア挑戦 特設サイト
http://miura.clark.ed.jp/

▼クラーク記念国際高等学校 公式Twitter
https://twitter.com/Clark1992_PR

三浦雄一郎校長、息子豪太さん(中央)

千葉キャンパスの山崎さんが生徒代表として花束を贈呈しました

【学習体制】クラーク独自のWeb学習システムで、中学校の復習から大学受験対策まで家庭学習がさらに充実! 19.01.25

クラークでは、中学校の復習から大学受験対策まで、WEBで取り組めるシステムを導入しています。まずはオリジナルの教材を使い、義務教育範囲の基礎学力が定着しているかを確認します。中学から高校レベルにおいては、学研の「マイガク」を活用し、国語・数学・英語の全295講座を好きなだけ視聴することが出来ます。また単位修得に向けて、クラークの教員による授業配信、大学受験対策では創始学園系列の大学予備校「創学ゼミナール」の授業を視聴することも可能です。

これらの学習コンテンツは在学中に、無制限で繰り返し使用することが出来ます。学習段階別にさまざまなフォローがあるため、安心して学習に取り組めます。クラークでの授業とも連動しているので、課程での予習・復習も行うことができ、授業理解度をさらに深めることができます。

(725件中 8件〜14件目)

CAMPUS GUIDE クラークは全国に教育を展開し、11,000名を超える生徒が学んでいます。